なるほど!男性が結婚したいと思う女性はこんな人

get_women

アラサー女性にとって「結婚」は大きな悩みの1つ。
周りの友人が20代で結婚ラッシュがきて、30代に突入して落ち着くかと思いきや、むしろ加速していく。

少しでも可能性を広げるために、最近休みの日は積極的に婚活パーティーにも参加している。
婚活パーティーに参加すれば出会いがあることはあるのでめげずに行こうと決めた。
でもなかなか進展しないし、この縁が結婚に繋がるかなんてわからない。

でも結婚したい!
このまま一人では寂しいし家族がほしい。

・結婚って縁なの・・・?
・頑張っても結婚できない人はできないの?
・それって私に何か問題があるの・・・?

安心してください。
あなたが考える、「どれだけ頑張っても結婚できない人」というのは頑張り方を間違っているだけです。確かに何かあなたに問題がある可能性もあります。

結婚は縁です。
その縁はあなたの手でたぐり寄せるものです。

男性が結婚相手に求めるポイントを再度おさらいしましょう。
男性が結婚したいと思う女性像がわかれば、足りないところを自覚して補っていきましょう。

生活力のある女性

生活力はなかなか一人で暮らしてみないことには身に付きません。
誰かと暮らしていると「自分がしなくても誰かがやってくれる」と甘えてしまう場合もあるからです。

実家暮らしの女性が一人暮らしの女性よりも結婚率が低いのはご存知ですか?
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

実家暮らしの女性みんながみんな、家事などを親に頼り切っていて、生活力のない女性ばかりだと言っているわけではありません。
しかし、生活力のなさがこのような結果に繋がっているのかもと推測せざるを得ないのは確かです。

結婚後も働く意思を持ってくれる女性

男性が外で仕事をし、女性が家を守る、という考え方はもう古いと思います。
女性の社会進出が進み、専業主夫も珍しくありません。
共働きの家庭も増えています。

共に働きながら、家事育児も助け合ってやっていければ、収入も増えて生活は豊かになるでしょう。年収が400万円未満のバツなし未婚男性は83.9%。
(引用:年収400万以下が多数の現実~非婚化・少子化の要因か?)

女性の65%以上が結婚相手に求める男性の年収400万円以上という条件は、実は男性にとってはものすごく厳しいものなのです。
それを知らない女性も多く、いまだに「専業主婦」を目指して、結婚後は「働きたくない」という女性が多い。

男性も女性に働いて一緒に家計を支えてほしいと望んでいる方が多いです。
一人で養っていくことが難しい、だから結婚しないという男性も増えてきています。
その男性の不安・プレッシャーを取り除いてくれる女性だと安心できることは確かです。

「私も働くから一緒に支え合っていこうね」
と言える女性が望ましいでしょう。

自己管理能力がある

結婚後、お金の問題というのはとても深刻。
お金がないだけでケンカになると言います。
独身の間は自分のためにお金を使えても、結婚するとそうはいきません。

「何が無駄遣いなのか」の線引きがちゃんとできているでしょうか?
自分でお金の管理ができないとなると男性もお財布を渡すことはできないでしょう。

お金の問題はお金の使い方だけではありません。
肥満なのに改善しようとしないのも、自己管理能力の低さが見られます。

なぜ太っているのか?
食生活の乱れ→生活力のなさや、外食による無駄な出費が考えられます。
自分のスタイルをコントロールすることのできない、つまり欲望を抑えられずコントロールすることができないのです。

自身のことはしっかりと管理できるようにならなければ信頼も築けません。
太っていては言うまでもなく、見た目も美しくないでしょう。
外見もマイナス、自己管理能力のなさも表れており、結婚したいと思う女性像からはかけ離れてしまいます。

清潔感がある

清潔感は男性も女性も大切。
歳と共に体に様々な変化が見られるようになります。
若い頃とは違って清潔感を保つのに手間がかかることもあるでしょう。

しかし清潔感がなければ「触れたくもなくなる」もの。
夫婦間で「触れたくもない」なんてことが起きてしまっては大問題ですよね。
結婚前からそんな要素があり容易にそんな未来を想像できる相手には、魅力は感じないでしょう。

女性だからと言って、清潔感があるわけではありません。
髪がボサボサ、化粧は厚塗り。
ビジネスの上でのバッチリメイクは信頼を築く上で有効に使うことができても、婚活では違います。

婚活ではバッチリメイクに男性は清潔感を感じません。
男性はすっぴんが好きだとはいえ、すっぴんでお見合いに行くのももちろんNG。
清潔感の感じられるメイクを勉強しましょう。

可愛さよりもきちんと感

可愛くいればずっと愛される。
その考えは間違っていません。
男性の前で可愛くあり続けることは努力が必要です。

しかし「可愛さ」にこだわりすぎないことです。
可愛さを追求し続けるあまり、抜けている自分を演じたり、度が過ぎると「大丈夫だろうか?」と不安になります。
結婚は遊びではありません。

きちんとした人、しっかりと自立して、自分の考えを持っている人。
そんな人と男性は結婚したいと思うのです。

言動に嘘がない・信頼できる

女性は可愛くいようとすると嘘もつくでしょう。
偽らず、飾らずいられる女性は、作られた可愛さよりもずっと魅力的。

飾らない、作らない、等身大の自分で人と接している人の口から出ることには説得力があります。そういう姿勢から信頼感が生まれていくもの。
飾らなければ勝負できない自分だというなら、もっと「本当の」自分を磨くべきです。

男性が求めるのは「いい奥さん」になりそうな女性

まとめると、「いい奥さん」になりそうだなあ、と男性が感じられる女性と結婚したいと思うのです。結婚したいと思う女性は特別何かに秀でていなくてはいけないという話ではなく、当たり前のことを当たり前にできる、自立した女性ということが言えます。


p.s
料理教室に通うよりも、普段の実生活で料理の本を片手に勉強する方が経済的です。
すぐ何かに頼ろうとせず、今あるもの、今の環境の中で自分が成長していく方法を探ってみてください。
結婚したいと思う女性になるのはそんなに難しいことではありません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ